リサイクルショップを開業したい。アンティークを販売したい。

近年、消費者意識の変化もあり、リユース(中古品)市場はどんどん膨らんでいます。
古着などの日常品からアンティーク品まで様々な物があり、その市場は魅力的です。
ですが、こういったリユース市場に参入するには、都道府県ごとに「古物商」の許可を取らなければなりません。

許可を取得するには、お手元にある書類を準備していただくほか、住民票などの種類を集めなければなりませんので、時間と手間がかかります。

こういった面倒な手続きを、当法人が代行し、スムーズに許可が取得できるようお手伝いいたします。
古物商の許可取得でお困りでしたら、相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。

許可取得にかかる費用と時間

古物商の許可を取得するには以下の費用と時間がかかります。

  許可が下りるまでの期間  申請後 約40日
  手  数  料  19,000円
  当 法 人 報 酬  30,000円(税別)~

上記のように、申請後約40日もかかりますので、前もって準備しておく必要があるといえます。

 

古物商許可申請の窓口

古物商の許可の窓口は、営業所を管轄する警察署です。警察署に申請をして都道府県公安委員会の許可を得ます。
同一都道府県内に複数の営業所がある場合は、主たる営業所を管轄する警察署に各営業所に関する事項を記載して申請します。
営業所が複数の都道府県にある場合は、それぞれの都道府県公安委員会の許可を得ます。

 

古物商許可申請の必要書類

古物商許可申請には以下の書類が必要です。(大阪府の場合)

 

  個  人 法  人
申 請 書 ○(一部不要)
住 民 票 申請者と管理者全員 監査役を含む役員全員と管理者全員
身分証明書
登記されていないことの証明書
誓 約 書
履 歴 書
法人登記事項証明書
定款の写し
ホームページを利用する場合 URLの使用権限を証する資料のコピー

 

※ 上記以外に求められることがある書類

  • 営業所の使用権限を証明する書類
  • 自動車保管場所を使用権限を証明する書類
  • 営業所付近の地図
  • 営業所内の図面