「古物商許可について」タグの記事一覧

管理者の選任

古物商許可を取得するには、管理者を選任しなければなりません。 管理者 事業所ごとに古物取引を管理・監督・指導する管理者を1名置きます。 個人事業主や、代表取締役との兼任はできます。 管理者は、以下の方がなることはできませ・・・

許可がいる?いらない?

古物商許可は、古物を売るすべての場合に必要なわけではありません。 古物を、「営利目的」で売買などの行為を「反復継続して行う」場合に必要で、副業や内職も含まれます。 古物商許可が必要 買い取って売る場合 買い取って修理した・・・

許可を受けられない方

次に該当する方は、許可を受けることができません。 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者 禁固刑以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処され、5年を経過しない者 住居の定まらない者 古物営業の許可を取り消され・・・

古物13品目

古物は、以下の13品目に分類されます。 分  類 例 ① 美術品類 絵画、書、彫刻、工芸品等 ② 衣類 着物、洋服、衣料品、敷物等 ③ 時計・宝飾品類 時計、眼鏡、宝石類、装飾具類、貴金属類等 ④ 自動車 自動車、自動車・・・

ページの先頭へ